廃車についてのこと、お教えします!


どうする?廃車

125cc以下の原付・バイクの廃車手続きと必要書類について

125cc以下の原付・バイクの廃車手続きと必要書類について 通勤や生活に原付・バイクを使用されている方も多いと思います。
新しいものに買い替えたり、乗らなくなって処分することもありますが、この時には原付を廃車手続きというものが必要になります。
そのやり方を流れにそって説明していきます。
125cc以下の原付は、その原付を登録した市町村の役所で手続きを行います。
ナンバープレートを持っていく必要があるので、まずこれを外しておきましょう。
プレートの裏側のナットをレンチで抑えながら表側のネジをドライバーで回せば外すことができます。
必要な書類ですが、役所に提出するものが2通あります。
1つ目は標識交付証明書です。
原付のナンバープレートを交付してもらった時、一緒に発行された書類です。
もし無くしてしまった場合は印鑑と身分証明書で再発行してもらえます。
2つ目は廃車申告書です。
この書類は役所にありますので、その場で記入して提出しましょう。
役所での受付が終われば、これで手続きはお終いです。
このように、ナンバープレートと標識交付証明書、廃車申告書の書類2通を用意すれば役所で廃車手続きをすることができます。
意外と簡単で、半日も掛からず手続きが終わるので、乗っていた原付が必要なくなったら自分で手続きしてしまいましょう。

125cc以下の原付・バイクの廃車手続方法

125cc以下の原付・バイクの廃車手続きは、原付やバイクを廃棄する時だけでなく、誰かに原付やバイクを譲渡する時(名義変更)や、今住んでいる住所から別の市区町村に引っ越す際にも必要になります。
廃車手続きは、ナンバープレートが登録されている市区町村の役所で行います。
手続きには、廃車申告書(役所で手に入るので必要事項を書き込んでおきます)、ナンバープレート、ナンバー交付時に貰った標識交付証明書、印鑑(認印)が必要です。
費用はかかりません。
ナンバープレートは自分で取り外して持っていきますが、返納することになるので原付やバイクは家に置いていきましょう。
標識交付証明書を紛失してしまった場合は、運転免許証などの身分証明書と印鑑(認印)があれば、役所の窓口で再交付の手続きをすることができます。
あとは、廃車申告書とナンバープレート、標識交付証明書を役所の窓口に提出すれば手続き完了です。
廃車申告受付書が手渡されるので、原付やバイクが手元にあるうちは大事に保管しておいてください。


Copyright 2016 どうする?廃車 All Rights Reserved.