廃車についてのこと、お教えします!


どうする?廃車

日本の廃車置き場に外国人がショックを受ける理由とは?

廃車無料のからくり 「どこの国の人なのか」によっても大きく変わりますが、外国人が日本の廃車置き場を見て驚く理由は「使えるものが捨てられているから」です。特に途上国の人にとっては「宝の山」に見える状況が少なくなく、その状況に対して激しく驚くことがあります。途上国以外の国の人にとっても十分に価値が見いだせる状態で捨てられていると感じられるため、それに対して驚き(ショック)を覚えます。
とは言え、日本の廃車置き場にある車両は、基本的に「リサイクルをする前提」で置かれています。中には捨てられてしまっているだけの車両もありますが、多くは再利用または資材としてリサイクルされます。そのため、必ずしも捨てられているというわけではありません。
また、比較的状態の良い車両に関しては「輸出」されます。それによって業者が利益を生み出すことにつながっているわけですが、逆に考えると「そういった車両が海外には多く流通している状態」だと言えるため、日本の廃車置き場を見て外国人がショックを受けるわけです。

廃車無料サービスのからくりとは?

街中の看板でたまに見掛ける「廃車無料サービス」という文字。なぜ無料なのかと疑問に思っている人も多いと思います。このサービスのからくりは、スクラップ買取業者の存在と、部品別にパーツ販売という方法があるから成り立っているのです。
車はたくさんの部品で構成されていて、エンジンの故障で走らなくなった車の場合は、他の部品はまだ使い道があります。ドライブシャフトの故障で走れなくなった場合、エンジンなどの主要な部品は使える場合が多いです。なので、廃車になったとしても使える部品はたくさんあるのです。
しかし、これらの作業には車に関する詳しい知識、解体できる技術、時間が必要なので素人はほとんど部品別販売など行いません。さらに車は鉄やアルミなどの多くの金属を使用しています。なので、スクラップになってしまっても金属は使い道が残されています。
スクラップ業者はこの金属の買取を行い、リサイクル業者などに販売します。こういったからくりで「廃車無料サービス」が成り立っているのです。


Copyright 2016 どうする?廃車 All Rights Reserved.